fc2ブログ

20201006-_DSC4761.jpg
スズキの働く車、軽トラのキャリーですね。

今回は、クオリティーアップをテーマに「DSP付きアンプ」を導入です。

前回の作業は、こちら




20201005-_DSC4745.jpg
ヘッドユニットは、パイオニアのディスプレーオーディオです。

ナビが無い、TVが無いヘッドユニットですが、なかなか音質は良いと思います。



20201004-_DSC4739.jpg
今回の主役ESX社の「6440DSP」です。

多機能DSPで、バグや誤動作が少なく非常に安定感があります。
音質面も中低域のパンチが効いていて、バランスも良好ですね。

助手席の足元奥に、ボードを立てて取り付けます。



20201005-_DSC4748.jpg
ヘッドユニットからDSPアンプまでの接続は、Qrinoケーブル「Neo QR」です。

端子は、小さくケーブルは、細く取り回しに優れる高音質ケーブルです。

車の中で作業をする場合の取り回しの自由度や経年劣化、振動や熱など
粗悪な車環境に適したケーブルでは無いでしょうか。




20201005-_DSC4751.jpg
スピーカーケーブルから電源部まで、全て「銅音接続」にこだわります。

アンプの下には、熱対策、振動対策を考慮して「プロジェクト1」をインシュレーターとして活用します。



20201005-_DSC4759.jpg
ボードを固定して、配線も終わりました。

スッキリですね。。。

前面には、チューンナップウーファーがありますが。。(笑


20201006-_DSC4764.jpg
DSPアンプのコントローラーです。

灰皿を利用してポン置きです。



20201006-_DSC4762.jpg
被せているだけですが、ガタ付きもありませんので、安心して操作ができます。




20201006-_DSC4765.jpg
完成です。

やはり良いですね〜
内臓アンプ&DSPと比較すると、調整のディバイスも大幅に異なりますのでサウンドステージの安定感は格段に良くなります。

また、パワーアンプのエネルギー感は比較にならないほいど力感が出ますのでボリュームの限界値が大幅に上がることが嬉しいですね。


軽トレでも十分にオーディオを楽しめることが理解できる1台では無いでしょうか。






*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp











関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する