fc2ブログ

ジムニーにオーディオ取付

20201107-_DSC5420.jpg
スズキの4代目ジムニーです。

グリルやルーフが変わっているようですが、カッコいいですね。



20201107-_DSC5450.jpg
とてもハイセンス外装ですが、オーディオも負けないように頑張ります。



20201107-_DSC5487.jpg
システムとしては、パイオニアの8インチサイバーX「AVIC-CL902XS III」をベースに
内臓アンプでQrino「AAスピーカーをドライブするシステムです。



20201104-_DSC5375.jpg
ツイーターは、広い音場と自然な広がりに成るように、Aピラーに取り付けます。

補正が少なくて済む角度になるよう念入りにポジションを決めていきます。




20201106-_DSC5396.jpg
ドアウーファー用のバッフルをカバ桜合板で切り出しました。

仮固定しましたが。。
やはり鉄板が少し干渉します。

スピーカーの取り付け自体は問題無いのですが、スピーカーの背圧に影響します。



20201106-_DSC5401.jpg
音質のためにも遠慮なく加工をさせて頂きます。(笑




20201106-_DSC5410.jpg
カット時の鉄粉がドア内に残らないように、最大限の拝領をしながら切断して、バリ取り、錆止めと作業を進めます。




20201107-_DSC5482.jpg
一通りの作り物が出来ました。

バッフルは、スピーカー固定用のインナー用ですが、アウター側にも一工夫予定しています。



20201107-_DSC5490.jpg
今回も低域を少し出す方向で調整していきます。



20201107-_DSC5498.jpg
ドアの防振作業のフィニッシュ状態です。



20201107-_DSC5494.jpg
最後に純正のグリルを開放して、カバーを制作です。


20201107-_DSC5505.jpg
この作業だけでも音抜けが良くなりますので、ツイーターとの繋がりもスムースに倍音が乗ることが期待できます。



20201107-_DSC5515.jpg
かなり鳴く系の内張ですので、質量でしっかりと押さえていきます。



20201107-_DSC5531.jpg
ドア部の完成です。

質感のあるグリルネットでドアにアクセントを付けました。



20201107-_DSC5526.jpg
ナビゲーションの接続は、全て「銅音接続」です。

バッ直電源は、8Gをプラスマイナス引き込んでいます。



20201107-_DSC5534.jpg
さらに、バッテリーの見直しです。

オプティマバッテリーのレッドトップに変更です。



20201107-_DSC5537.jpg
結構ギリです。

ベースのハイトアダプターを切り刻んんで固定ベースを作ります。



20201108-_DSC5545.jpg
銅音ターミナルに変更して、フィニッシュです。

ジムニーにオプティマ取付は、少し難易度は高いかもしれませんね。(笑




20201108-_DSC5553.jpg
音出し後の調整です。

2時間程度の音出しをして、微調整に入ります。



20201108-_DSC5550.jpg
全て新品をを取り付けていますので、エージング(慣らし)により音が変化していきます。

しかし、Adagioの調整は、エージングにより音が馴染んで良くなることを想定しながら追い込んでいきます。

数ヶ月で音が暴れたり、歪んだりして再調整が必要になるのでは無くて、時間と共に音が良くなるような初期設定を心がけています。


取り付けた後に、オーディオがより楽しくなるように、
車に乗ることがまた、楽しくなるようなオーディオであってほしいと考えているからです。






*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する