fc2ブログ

デリカD5にスピーカー取り付け

20201122-_DSC6020.jpg
三菱のデリカD5です。

2.2L、4気筒ディーゼルターボで、8速ATが魅力的なSUVで
ミニバンのようなSUVのような独自の世界観がD5には定着していますね。


20201124-_DSC6054.jpg
アクティブな印象のあるD5に、ジャズやJPOPが気持ち良く長時間のドライブでも疲れずに聴けるサウンドを狙っていきます。



20201124-_DSC6055.jpg
スピーカーは、定番のQrino「AA」スピーカーです。

室内の空間をイメージしながら角度出しを行います。




20201125-_DSC6064.jpg
作り物は、ツイーターベースとなるAピラーとインナーバッフルです。



20201125-_DSC6066.jpg
インナーバッフルは、スピーカーフレームの境界部の暴れを低するために
落とし込みを入れたデザインです。

素材は、フルカバ桜合板で、新しい「ヒビキタ」含浸塗料を使います。



20201125-_DSC6068.jpg
フロントドア部は、まず綺麗に脱脂処理を行い防振作業の準備に入ります。



20201126-_DSC6071.jpg
ドア部の防振フェーズ1です。

フェーズ1では、鉄板部の処理です。
補強と音の吸音や反射の下処理です。



20201126-_DSC6074.jpg
防振部のフェーズ2です。

ここでは、ノイズレスマットによる遮音と水対策に加えて、
背圧の密度をコントロールするチューニングが行い易いように仕掛けを作ります。



20201126-_DSC6076.jpg
Aピラーの施工完成です。

純正のイメージを大切に、デザインしています。


20201126-_DSC6086.jpg
インナーバッフルです。

newヒビキタを含浸させた高強度なバッフルです。



20201126-_DSC6090.jpg
今回は、純正のドアスピーカーケーブルを活用したプランですが、接続はもちろん「銅音」です。



20201126-_DSC6097.jpg
ドア内張の施工です。

質量のある「OBM-2」をポイント貼りして、内張面の共振周波数を下げる調整をしていきます。



20201127-_DSC6100.jpg
Aピラーの取り付けも「銅音」接続ですね。




20201127-_DSC6103.jpg
最後に、音を出しながらオリジナルのパッシブを調整してフィニッシュです。




20201127-_DSC6106.jpg
運転席から見えるAピラーのツイーターです。

ここで、違和感があると運転に支障が出ますので、自然と見ていられるデザインが重要かと思います。



20201127-_DSC6105.jpg
純正オプションのアルパインビッグXが非常に大きなモニターを映し出していますが、それに負けない印象的でありながら自然な音色のサウンドステージが展開します。

当初狙っていた、自然なサウンドは良い感じで
ツイーターにウーファー部のハーモニーがシンクロしています。
今回は、リアスピーカーも配線していますので、少し鳴らすとライブ感のある臨場感が良い感じです。

名古屋ぐらいならノンストップで、ガンガン鳴らせるかと思いますよ〜(笑








*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する