fc2ブログ

ラグレート にオーディオ取付

20201011-_DSC4944.jpg
ホンダの高級ミニバン「ラグレート 」です。

お手持ちのオーディオを活かしながら最善と思われるステムを構築していきます。



20201011-_DSC4953.jpg
フロントドアの内張を外した状態です。

純正スピーカーの位置に対する対策を考慮しながら、作業内容を考えます。

通常のドアスピーカよりもスピーカーが上部にあるため、有利な面と不利な面が出てきますのでいつもと同じでは問題が出そうです。




20201011-_DSC4950.jpg
取り付けるスピーカーは、Qrino「AA」スピーカーで、ツイーターの設置位置は、Aピラーにマウントします。

抑揚感と広がりのあるサウンドステージを狙いますよ。



20201014-_DSC4979.jpg
フロントドアのバッフルを作り「ヒビキタ」を塗布しています。



20201013-_DSC4964.jpg
ドア防振の試行錯誤です。


20201013-_DSC4967.jpg
最終の「ノイズレスマット」を張り込んだ状態です。

最終の微調整がしやすいように工夫しています。



20201013-_DSC4969.jpg
ドア内張の加工です。


20201013-_DSC4971.jpg
純正の一体型のスピーカーマウントをカットして、木製のインナーバッフルを活用できるようにします。


20201014-_DSC4974.jpg
カットも必要最小限に抑えます。
無駄に切ると内張の強度や空気の流れが不規則になったりするので、極力不安定さがないように綺麗にカットして面取りも行います。



20201015-_DSC5029.jpg
バッフルを付けてスピーカを取り付けます。

その後に、純正のグリルが取り付けれるので作業性は良いですね。



20201015-_DSC5035.jpg
ツイーターマウント用のAピラー部も完成です。



20201015-_DSC5042.jpg
メインのヘッドユニットは、パイオニアの9インチディスプレーオーディオ「DMH-SF700」です。

1DINから9インチモニターが生えています。



20201015-_DSC5108.jpg
ESXのプロセッサー「X-DSP」を活用したシステム構築です。
ユーザー手持ちのパワーアンプとアゼスト9255も取り付けます。


20201015-_DSC5112.jpg
取り付ける場所は、熟慮の結果。
運転席と助手席の間のウオークスルー部に決定。亀の子状態でラックを作ります。


20201015-_DSC5106.jpg
ケーブル類は、Qrinoブランドで統一です。

スピーカーケーブルは、16CB。RCAケーブルは、Neo QRシリーズです。



20201012-_DSC4956.jpg
電源ケーブルは、銅音シリーズ4ゲージワイヤーです。

バッテリーに、プラスマイナスを引きます。


20201016-_DSC5127.jpg
銅音ヒューズ「メガ」を使い、バッテリー端子も銅音に交換です。



20201016-_DSC5119.jpg
広く大きな車なのですが。。

何かと作業スペースは狭いのです。(笑



20201016-_DSC5139.jpg
作業性は、極めて悪い感じですが配線終了です。



20201016-_DSC5134.jpg
X-DSPのコントローラーは、コンソールの上に出しました。

メインのボリュームは、これで行います。


20201015-_DSC5038.jpg
Aピラー部の配線です。

接続は、もちろん銅音ジョイントですが、ピラーの吸音材はチューニング用に入れています。



20201016-_DSC5136.jpg
ツイーターの取り付けも終了です。



20201016-_DSC5149.jpg
新旧が重ね合ったシステムとなりましたが、非常に良い感じです。

最新の ハイレゾサウンド再生時の分解能の高さや情報量の多さは十分に表現されていますし、9255から出てくる厚みのある中高音は今尚魅力的な音色を表現しています。

ラグレート のような広大な室内空間があると、サウンドステージの奥行きや高さ広がりなど非常にスケール感が表現できてクラシックを聞かれる方などには非常に喜ばれそうな音場が広がりますね。

エージングが落ち着いたら、ゆっくり聴いてみたい車の完成です。







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する