fc2ブログ

キャラバンにJLハイパワーサブウーファー導入

20200727-_DSC3319.jpg
日産の働く車、NV350 キャラバンライダーです。
今回は、サブウーファーを2ウエー化する作戦で、ローエンドとエネルギーとレスポンスを欲張る思想ですよ。

前回までの作業は、こちら




20200727-_DSC3322.jpg
膨大な空間のあるキャラバンですが、いざ大型サブウーファーを固定するとなると
どこに置くかが重要になりますね。



20200727-_DSC3323.jpg
禁断の仕事用スペースを犠牲にして頂くしかありません。。。(笑



20200730-_DSC3412.jpg
今回の主役は、これです。

JLオーディオの「12W7AE-3」30cmサブウーファーですね。



20200730-_DSC3453.jpg
21mmのMDF素材を活用して強固なエンクロージャーを製作していきます。

39Lのシールド設計です。


20200801-_DSC3457.jpg
エンクロージャー内側には、ダイポルギー液体制振材DP201を塗布します。

これにより、MDFの固有の共振周波数が下がります。
また、気密性をあげる効果も期待できますね。



20200801-_DSC3462.jpg
パワーアンプは、キッカーのIQ-1000.1を採用して、BE−101クイーンで電源インピーダンスを下げます。



20200801-_DSC3463.jpg
サブウーファーの上部カバーを製作します。



20200801-_DSC3471.jpg
サブウーファーボックスの固定です。
結構な重さになるため、車上でユニットを組み込みます。


このぐらいのサブウーファーボックスが、軽々持ち上がるぐらいの体力は付けたいですね〜(笑



20200801-_DSC3476.jpg
ウーファーユニットの固定は、

なんと。。

エッジを外して、エッジの中にビス留めをしますよ。




20200801-_DSC3479.jpg
完成形です。



20200801-_DSC3481.jpg
こちら、セカンドシート下側とその後ろの空間です。

ここが、オーディオスペースとして頂いた空間でしたが。。。

ついに、足りなくなりましたね。(笑

・・・

何気に、パワーアンプが変わっています。。。




20200802-_DSC3495.jpg
手前のサブウーファーが、2ウエーの上側の帯域を担当します。
ベリリューム20cmですので、ハイレスポンスなキレのあるサウンドが特徴ですね。



20200802-_DSC3493.jpg
そして、今回追加した2ウエーサブウーファーの下の帯域を受け持つサブサブウーファーです。

30cmウーファーのロングストロークでより低い周波数を担当します。



20200802-_DSC3491.jpg
サブサブウーファー用のグリルネット部です。



20200802-_DSC3489.jpg
仕事道具のスペースが、圧迫しましたが。。

最悪の場合、この荷台の上に荷物が積めますね。



20200802-_DSC3503.jpg
メインのボリュームが、2個に増えました。

音量調整用とサブサブウーファーのレベル調整用です。



20200802-_DSC3501.jpg
気軽にサブサブウーファーの調整が出来ますので、曲により微調整が簡単に出来ます。
メインの音に影響が少ない設定となっていますので、ガンガン鳴らしたい時は、どんどん攻められます。(笑

オーディオをより楽しく、より良い音で聴く為の新たなステージでは無いでしょうか。

少しコストが掛かりますが、非常にオススメな「2ウエーサブウーファー」ですよ。








*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する