fc2ブログ

タントにHi-fiオーディオ取付

20201025-_DSC5207_2021030815470712f.jpg
ダイハツのタントです。

前回の遮音作業に引き続き、今回はサウンド部の取付です。
前回までの作業は、こちら



20201026-_DSC5212.jpg
純正のドア側の状態です。

軽自動車では、比較的標準的な形状ではないでしょうか。。

と思いきや。。



20201028-_DSC5270.jpg
左右で、形状も大きさも違うようです。

そこで、ユーザー様の意向もあり「遮音作業」の延長でドアもガチガチに。。

これは、どうなるでしょうか。。(笑



20201029-_DSC5273.jpg
スピーカーは、アウターバッフル仕様の計画で進みます。
インナー側バッフルから見えるドアの中ですが、鉄板が見通を悪くしていますね。



20201029-_DSC5275.jpg
やはりカットですね。
極力、鉄粉が飛び散らないように保護しながら切断します。



20201029-_DSC5276.jpg
バリ取りです。



20201029-_DSC5279.jpg
錆止めです。



20201030-_DSC5293.jpg
インナーとアウター部のバッフルが出来ました。

全て、カバ桜合板です。



20201030-_DSC5295.jpg
ドア防振完了です。



20201030-_DSC5297.jpg
内張の作業に入ります。



20201031-_DSC5302.jpg
質量多めのデッド系の制振です。



20201031-_DSC5310.jpg
内張を付けてスピーカー取付です。



20201031-_DSC5313.jpg
スピーカーの接続は、もちろん「銅音接続」です。



20201031-_DSC5316.jpg
ドア部の完成です。



20201031-_DSC5319.jpg
スコーカーツイーターは、TS-HX900PRSを使います。

シールドタイプの小型スコーカーで良いのですが、置く場所に少し困りますね。(笑



20201031-_DSC5330.jpg
アンプ部です。

タントは、ありそうで椅子下スペースがありません。
ESXの XDSPの下に、Qrinoエコアンプ「PA-7」が2機埋まっています。



20201031-_DSC5337.jpg
同軸タイプのスコーカー&ツイーターですので、位相のズレがないので2ウエー感覚で調整ができます。



20201031-_DSC5335.jpg
ナビヘッドは、ケンウッドのZ905です。
最近は、大画面やナビ無しのディスプレーオーディオが流行っていますが、やはり高機能ナビは良いですね。

非常に快適で、高音質、ハイレゾからDSDまで幅広いフォーマットに対応していて高音質ですね。

タントは、フロント部の広い空間が音場的に有効に働くせいか、奥行きのある深いサウンドステージが飛び出します。

良い感じですが

ドアの外側鉄板を固めすぎた為か、少し、低域が薄い気が。。。(笑








*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する