fc2ブログ

アイシスにツインサブウーファー

20201205-_DSC6242.jpg
トヨタ「アイシス」です。

今回は、システムの見直しで、サブウーファーシステムをステップアップします。

前回までの作業は、こちら




20201201-_DSC6163.jpg
10インチの強力なサブウーファーを導入し、ローエンドもゆったり鳴らす計画なので、21mm MDFで高強度なエンクロを目指します。




20201202-_DSC6165.jpg
使用するユニットは、左側のJLオーディオです。

ちなみに右は、ロックフォードの12インチですよ。



20201202-_DSC6179.jpg
10インチのウーファーボックスの組み上げです。

確実にボンドを乾燥させてから次の工程に移りますので、時間がかかっています。(笑




20201203-_DSC6182.jpg
仮組です。

トランク部を贅沢に使います。





20201204-_DSC6190.jpg
ダイポルギーの液体制振材「DP」を塗布します。
制振効果と機密を高める効果がありますので、目的に合わせて使い分けます。




20201204-_DSC6200.jpg
生地を待ってユニットを組み込みます。

吸音材は、ある程度詰め込んでから微調整をしますよ。




20201204-_DSC6203.jpg
車に固定です。



20201204-_DSC6204.jpg
カバーを付けてトランク部のフィニッシュです。




_DSC3047_R_2021052312275912e.jpg
今回は、これでは終わりません。(笑

もう1つ、8インチサブウーファーを使います。
こちらは、カバ桜合板を使って少し響きをコントロールするウーファーボックスを作ります。



_DSC3082_R_202105231227582eb.jpg
シンプルに全面が同じような共振になるように設計しています。



20201204-_DSC6211.jpg
試しに、ヒビキタ+塗装を試してみました。(笑




20201205-_DSC6213.jpg
パワーアンプも追加となります。

アンプを取り付けるスペースが少なくなってきましたので、苦肉の助手席起きです。



20201205-_DSC6217.jpg
足踏みステップを作って、かさ上げします。




20201205-_DSC6220.jpg
助手席の下部は、こんな感じで非常に蜜ですね。(笑

アンプが最上のゴールド2チャンネル2基(2段重ね)になっています。
ネットワークに下に、キッカーの「IQ-500.1」が鎮座していますよ。




20201205-_DSC6223.jpg
サブウーファーは、ベリリュームの8インチで、キッカーの「IQ-500.1」でドライブします。

サブサブウーファー「10インチ」は、キッカーの「IQ-1000.1」です。



20201205-_DSC6231.jpg
かーベットを敷くとほとんど分かりませんね。



20201205-_DSC6237.jpg
ヘビーなサウンドシステムになって来ましたが、非常に良い感じですね。

フロントドアは、エンクロージャーになっていますので、独特な音質が聴けます。
サブウーファーの微調整で、中高域も大きく改善しますので微調整が面白いぐらい動きますね〜

ローエンドのエネルギー感があると音楽がはた楽しくなりますね。



サブウーファーを2ウエー化するシステムプランは、非常に楽しいのでオススメですよ〜







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する