fc2ブログ

アウトバックにドア防振

20200705-_DSC3072.jpg
スバルの高級SUV、アウトバックですね。

既存のシステムを利用してのサウンドチューニングをさせて頂きます。
今回は、音色作りの肝とも言える「ドア防振&バッフル製作」を行い高音質化を目指しますよ。



20200704-_DSC3032.jpg
現状のドア環境です。

純正状態のドアにパイオニアのスピーカーが取り付けられていますね。



20200704-_DSC3038.jpg
ドアの脱脂作業後、サウンドチューニングを施していきます。

経験値と感を頼りに、アウター側の鉄板を最低限の制振材を使い「面共振」に仕上げていきます。




20200704-_DSC3035.jpg
インナーバッフルです。
6×9が入る大型のホールの為、十分な質量が取れるので音質的には非常に有利です。



20200704-_DSC3043.jpg
フル「カバ桜合」板仕上げで、「ヒビキタ」含浸塗料で木密度を更に調整していきます。

経年劣化のカビや腐食にも強くなります。



20200704-_DSC3049.jpg
インナー側鉄板は、吸音効果と補強の両面から潰すホールと潰さないホールを見極めます。




20200705-_DSC3054.jpg
純正のビニールシートの代わりに、「ノイズレスマット」を敷き詰めます。
これにより、「遮音効果」「吸音効果」「水対策」が出来て、更にサウンドの微調整が非常に簡単に行えます。

このスタイルが「OSCAR防振」です。



20200705-_DSC3058.jpg
ドア内張は、基本的には「質量で防振」となります。
「OBM2」の制振材を活用して、内張を「面共振」に近ずけて行きます。




20200705-_DSC3065.jpg
ユニットの接続は、真鍮製のギボシやファストン端子を嫌い、銅&銅でジョイントする「銅音接続」にこだわります。




20200705-_DSC3066.jpg
ドア防振の完成形です。

実際に音を出して、微調整で又ドアを外す事が多いのですが。。
毎回、今回こそ一発OK!でどうか!と願望は持ち続けています〜(笑



20200705-_DSC3069.jpg
結局、今回も再度内張を外して微調整です。(笑

最終的には、システムや車、エージングなど様々な環境が異なる為、寄せ方が難しいのですね。

しかし、最後の微調整はやはりデジタル部ですね。

帯域バランスやサウンドステージはDSPで整いますから便利な世の中になりました。
そうは言っても音楽の基となる音色は、システムやユニットに加えて「ドア防振」は、重要ですのでここが手を抜けない理由なんですね。

故に

与えられた条件の中で最善を模索することが、オーディオショップの務めではないかと考えています。



「ドアチューニング」だけでもベストを尽くしますので、お気軽に問い合わせくださいね。







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する