fc2ブログ

シエラー(ジムニー)にHi-fiオーディオ取り付け

20210616-_DSC0241.jpg
スズキのシエラーです。

ジムニーよりもオーバーフェンダーが出ている為か迫力がありますね。

この人気のシエラーに、サウンドクオリテーの高いHi-fiサウンドを構築していきます。




20210617-_DSC0249.jpg
メインスピーカーは、Qrinoブランドの「AA-13NN」です。

Aピラーに、ツイーターを取り付けますよ。



20210619-_DSC0263.jpg
サブウーファーも取り付けます。

しかし、今回はフロントに置きたいと小型のエンクロージャーで済むサブウーファーを採用しています。




20210620-_DSC0271.jpg
ウーファーボックスの組み上げです。

時間がかかりますが、1面ずつ確実に仕上げていきます。



20210620-_DSC0276.jpg
ウーファーボックスの外形ができました。



20210620-_DSC0278.jpg
少し足元が犠牲になりますが、助手席前に固定します。



20210620-_DSC0284.jpg
ドアウーファーの取り付けです。

13cmウーファーでも鉄板が張り出します。




20210620-_DSC0288.jpg
やはり、カットします。



20210620-_DSC0297.jpg
カット面のバリを取り、錆び止めを行います。



20210621-_DSC0306.jpg
今回使用するケーブル達です。

クラリオンナビからDSPまでのデジタル同軸ケーブルもありますね。



20210621-_DSC0351.jpg
メインスピーカーの作り物です。



20210622-_DSC0366.jpg
ドア内張りの処理です。

質量で分割共振を抑えています。



20210622-_DSC0372.jpg
ドアチューニングの完成形です。

ノイズレスマットが需要な仕事をします。




20210622-_DSC0377.jpg
ピラーの完成です。

天井の記事と近いイメージで仕上げています。



20210622-_DSC0382.jpg
バッ直電源部の配線です。

アコーステックハーモニーの4ゲージも1部に活用します。



20210624-_DSC0416.jpg
バッテリーへの配線です。



20210623-_DSC0391.jpg
助手席下部と運転席下部にアンプやプロセッサーを固定します。




20210624-_DSC0401.jpg
助手席です。



20210624-_DSC0398.jpg
運転席の下部です。



20210624-_DSC0419.jpg
プロセッサーのディスプレー部は、シストノブの前側に固定します。



20210624-_DSC0431.jpg
サブウーファーの固定です。



20210624-_DSC0443.jpg
プロセッサーのコントロール部の固定です。

このボリュームがメインとなります。



20210624-_DSC0438.jpg
完成です。

クラリオンナビからESXのDSPまでは、デジタル伝送です。
スピーカーが全てリスナーよりも前に設置されていますので、音質面では非常に有効です。

サブウーファーが遅れることが無いので、位相と音色に調整が集中出来るのが良いですね。


少しマニアックなフロントサブウーファーですが。。

サウンドのまとまりは非常に良いですので、お勧めですよ。







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する