fc2ブログ

ハイゼットにオーディオ取付

20210919-_DSC1593.jpg
働く車シリーズ 
ダイハツのハイゼット・キャディーです。
今回は、ユーザーさまのお持ちのオーディを取り付けさせて頂きます。

前回までの作業は、こちら




20210914-_DSC1499.jpg
タントと同じようなドア形状ですね。

入らないようで、意外と奥行きが確保できるドアスペースです。



20210915-_DSC1501.jpg
ツイーターは、ピラーに固定ですが、可能な限り目立たなくして欲しいとの要望を受けて、根元に取り付けます。



20210916-_DSC1507.jpg
ドアの制振です。

固めすぎず面共振を作ります。



20210917-_DSC1521.jpg
バッフル板はスペースが無い為どうしても小型になりますので、含浸塗料「ヒビキタ」の2度塗りで木密度を上げていきます。



20210917-_DSC1524.jpg
乾燥後のインナーバッフルです。
ドアスピーカーの奥行きが深いのでインナーで取り付くか不安で菅、ぎりいける計算です。(笑



20210917-_DSC1526.jpg
Aピラーのパテ成形が終わりました。

可能な限りアルミファイバーパテで、質量を出していきます。


20210917-_DSC1532.jpg
インナー側の施工の終了です。

ノイズレスマットで、遮音と水対策を兼ねます。



20210917-_DSC1538.jpg
スピーカーケーブルは、AETのF125を引いています。

スピーカーとガラスまでのクリアランスは、1mm程度でクリアーでした。



20210917-_DSC1546.jpg
ドア内張りです。

こちらも、分割共振を抑えて面共振になるように調整していきます。



20210918-_DSC1557.jpg
Aピラーの完成です。

スピーカーが黒ならさらに、目立たないのですが。。



20210919-_DSC1586.jpg
バッ直です。

4Gケーブルを2本(プラスマイナス)引き込みます。



20210916-_DSC1516.jpg
各アンプのボード製作です。

熱対策で、アンプの背面は空気層を作ります。
セカンドシートの下部にメインアンプを設置します。



20210919-_DSC1562.jpg
運転席下側はサブウーファー用のアンプを設置。



20210919-_DSC1566.jpg
助手席下部には、プロセッサー本体とTVチューナーを設置。



20210919-_DSC1575.jpg
ヘッドユニットのP-01本体です。

ハンドル前面の小物入れの中に固定しました。

もちろん蓋も閉じれます。



20210919-_DSC1573.jpg
サブウーファーは、リアのスペアータイヤスペースに固定します。



20210919-_DSC1577.jpg
完成後の調整です。

サブウーファー周辺の付帯音が気になりますが、パワーは十分に上げることができます。
今風のハイレゾテイストなサウンドではなく、中音域のエネルギーほとばしるパワフルなボーカルが聞けます。

これはこれで楽しいです。

CDソフトがメインソースですが、CDマニアの方がまだまだ多いのが理解できます。
この音色がマニアを離さない理由ですねー







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する