ミュージックアース

DSC00465_20130611185337.jpg
インプレッサーです。

今回は、ミュージックアースの作業を紹介しますね。



DSC00132.jpg
ユーザーが独自でアーシングされたエンジンルームです。

8ゲージのワイヤーがエンジンブロックの熱を受けテロテロになっています。

ケーブルは、熱を持つほどに流せる電流は少なくなりますので、よほど素晴らしいポイントを抑えたアーシングでもエンジンルームが高温になればその効果は失われると言って過言ではありません。



DSC00203.jpg
ミュージック アースで使うケーブルは、アコーステックハーモニー4ゲージです。
耐熱温度は200度、耐電圧は1000v、許容電流は、246Aの国内最強レベルの電源ワイヤーです。

このワイヤーを「銅音」シリーズの端子にしっかりと圧着します。

この圧着が弱いと意味を持ちませんので、当店では油圧でしっかりとかしめます。




DSC00467.jpg
まず絶対的なポイントですよ。

純正ポイントの強化です。



DSC00225.jpg
ミュージックアースでは、車全体の電位の安定が求められます。

エンジンルームだけの電位差では、トランクに有るパワーアンプが良くならないのです。



DSC00468.jpg
最終のポイントは、音を聴きながら1ヶ所1ヵ所とポイントを変えていきます。

良いポイントでは、オーディオの音がダイナミックになったり高音域が抜けたり低音のレスポンスが上がったりします。

このポイントでは、結果的に車のエンジン音が静かになったりアイドリングが安定したりします。


何よりも音色が気持ちよくなるのが嬉しいですね!






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する