fc2ブログ

エルグランドE52 遮音とオーディオ

_DSC3512.jpg
日産の高級ミニバンエルグランドですね。
FFベースの低床化により、室内空間が拡大して静寂性も向上したと評判ですが、更に静かにしたいとニーズがあります。

オーディオとより良いリスニング空間の製作をテーマに作業をさせて頂きます。




_DSC3409.jpg
まずは、実内の内装をばらしていきます。

遮音作業が可能であれば、ルーフはこの状態で作業を進めていきます。



_DSC3414.jpg
ルーフの遮音処理は、2工程です。

まずは、「防振処理」としてダイポルギーFDC25を均等に貼っていきます。

この制振材は、全ての面積を貼った状態を100とすると、30%程度の面積を貼れば75程度の効果が期待できますので、30%の面積をイメージしながら均等に貼っていきます。



_DSC3420.jpg
次の工程は、「遮音」です。
吸音材として、15mm厚のEVA吸音フォームを全面に貼り込みます。

吸音には、適度な空気層が重要です。
厚みは、ある程度低い周波数を吸収するために必要ですので、15mmは欲しいとこですね。



_DSC3429.jpg
しかし、攻めすぎて25mmとか使うとルーフと干渉してシワが出たりしますので、車に合わせて可能な限りの厚みで作業をする感じですね。



_DSC3437_20220523151231ce3.jpg
フロアーやクオーターサイドも遮音処理を行います。



_DSC3486.jpg
ルーフでは、貼りすぎ注意なのですが、フロアーはまた違うコンセプトでしっかりと貼り込みます。


_DSC3488_2022052315124723c.jpg
ここの狙いは、鉄板の補強です。

足回りを変えて、スタビを入れたかのようなフィーリングにも近づくことがありますので、車の運転がまた楽しくなるのです。



_DSC3503.jpg
セカンドシート下も確実に作業を進めます。



_DSC3495.jpg
運転席後部足元も助手席も同様です。


_DSC3492.jpg
リアハッチ部です。

可動部は、重くしすぎないようにポイントで抑えていきます。


_DSC3519_202205231514173eb.jpg
スライドドア部です。

こちらも同様に、ポイントで抑えます。



_DSC3490.jpg
更に、内張りは全て「質量」を増やして制振効果を高めます。

使う制振材は、「OBM2」の鉛分入りの重い制振剤です。





_DSC3438.jpg
いよいよ、オーディオ部に入ります。





_DSC3440.jpg
作業時間が読みにくい部分を先行して行います。

ドア配線ですね、

カプラータイプは、なかなか大変です。。。



_DSC3462.jpg
ドアバッフルの製作です。

ラトビアバーチ材を使って、質量のあるバッフルを制作します。




_DSC3464.jpg
更に、「ヒビキタ」含浸塗料で響きをコントロールします。

ヒビキタは、水にもカビにも強くなりますよ。



_DSC3476.jpg
スピーカー取付のバッフルたちが出来ました。
ツイーターは、純正位置にマウントする為のバッフルを作っています。

取り付けるスピーカーは、キッカーのKXシリーズのセパレート2ウエーです。




_DSC3473.jpg
フロントドア内張りです。

ここも、同様に質量をかけることで制振効果をコントロールします。





_DSC3478_20220523151241e5f.jpg
ドア防振が出来た状態です。



_DSC3481.jpg
接続は、もちろん「銅音接続」です。

真鍮の端子や錫メッキを嫌います。



_DSC3502.jpg
ツイーター部ももちろん「銅音接続」ですね。



_DSC3515.jpg
バッテリー部です。

銅音ケーブルの8Gをプラスマイナス引き込んでいます。
ヒューズも銅ヒューズのミディータイプですね。



_DSC3513-2.jpg
デッキ部は、純正の大型モニターをそのまま活用します。



_DSC3523.jpg
DSPアンプです。
ESX社の6440DSPですね。

助手席下にオーディオボードを作って固定します。




_DSC3527.jpg
DSPのコントローラーです。
さり気なく操作ができるところに設置しています。
これにより、ミューティングやプログラムの呼び出しが可能となります。



_DSC3524.jpg
最終の動作確認と音調整です。

この時が、長い道のりのゴールですね。
最もスリリングな時間です。

最近の純正システムも各種の音楽ファイルに対応してきていますし、PCM24BITなんかも再生されるし良い感じです。

帯域バランスも定位感や音場感も良い感じに仕上がりました。
特に、低域の付帯音が少ないキレの良い感じは、ボリュームをドンドン上げたくなる魔性の魅力を感じますねー(笑


DSPアンプの追加とスピーカー交換だけでもかなりのレベルに引き上げれるので、「純正デッキが外せない車」でも十分にオーディオは楽しめますので、お気軽に問い合わせくださいね。







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する