fc2ブログ

タントにラックスのCMアンプ導入

_DSC3656.jpg
ダイハツのタントです。

今回は、大型Hi-fiアンプを追加してサウンドクオリティーのUPとサブウーファーBOXを外してもバランスの取れるチューニングを追加します。

前回までの作業は、こちら



_DSC3658.jpg
トランク部にパワーアンプとDSPをレイアウトして、その上部にサブウーファーボックスを置きます。

そのサブウーファーボックスは、取り外しができないといけません。。



_DSC3659.jpg
最下部に、パワーアンプのラックスマン「CM4000」を設置したいのですが、どう考えてもアンプの筐体が車体側に干渉します。




_DSC3662.jpg
クリアランスと作業性を考慮して、レイアウトを1cm単位でシミレーションします。




_DSC3665.jpg
逆置き!

これしかない。。
放熱の問題がありそうですが、このアンプはコの字型のヒートシンクなのでサイドに熱が逃げると思います。
天板側にもスペースを作り空気を流せば問題はないかと考えます。

ただ。。メンテナンス性が少し損なわれるけれど仕方ないですね。




_DSC3666.jpg
ESXのDSPをその上に設置します。

接続としては、ラックスマンの4チャンネルで、ドアウーファーとスコーカーを鳴らします。





_DSC3671.jpg
助手席下部にQrino PA-7とサーインベがのパワーアンプを移動します。
PA-7で、ツイーターをベガでサブウーファーをドライブします。

助手席下部は、フラットにしてロングに動く助手席に対応します。



_DSC3692.jpg
サブウーファーの設置台を置きます。


_DSC3699_202207131347443ff.jpg
通常時は、サブウーファーを楽しみます。



_DSC3694.jpg
荷物を乗せる必要がある場合は、サブウーファーBOXを外してフラットにできます。

かなりギリギリのスペースでしたが、なんとか収まりましたね。



_DSC3696.jpg
調整は、もちろんサブウーファー有りと無しでそれぞれ調整してメモリーに入れます。

さすがラックスの名機CMシリーズです。
昨今のデジタルアンプと違い、音に厚みや力がありますね。

帯域バランスを整えて、サブウーファー有り、無し、それぞれの個性をまとめました。
共に、魅力的な音色に仕上がったのではないかと思いますよ。

車の環境や使用内容により厳しい要望が増えてきましが、頑張って対応するようにしています。



少々の難題も可能な限り努力しますので、お気軽にご相談くださいね。







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp








関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する