fc2ブログ

カローラクロスにオーディオ取付

_DSC3246_2022081516160769d.jpg
トヨタの人気車種カローラクロスです。

ディスプレーオーディオ装着車ですが、オーディオの載せ替え取付です。




_DSC4937.jpg
ディスプレーオーディオ装着車両の場合、まずはスピーカー交換がオススメですね。

次のステップでDSPを中心とするバージョンアップが良いと考えます。



_DSC4942.jpg
今回は、パイオニアの同軸タイプの3ウエースピーカーを取り付けます。




_DSC3323.jpg
インナーバッフルです。

カバ桜合板で製作して、含浸塗料のヒビキタを塗布します。




_DSC3326.jpg
ドア防振です。

基本は、点で抑えるタイプの「ぺたり音」を活用します。




_DSC3330.jpg
スピーカーケーブルは、Qrinoケーブルを採用しています。

細くて、芯のあるサウンドが魅力的なケーブルです。




_DSC3320_202208151616098c2.jpg
とは言えカプラー式のドア配線は、少し大変ですね。




_DSC3327.jpg
アンプはリアのスペースに平置きします。




_DSC3339.jpg
バッフルが完成です。




_DSC4947.jpg
ピラー部も完成です。

同軸タイプのスコーカー&ツイーターです。




_DSC4951.jpg
ジョイントは、もちろん銅音(あかがね)接続です。




_DSC3349.jpg
ドア内張り側の施工です。

質量を大幅に増やして分割共振を低減します。



_DSC3345_20220815163107436.jpg
ドア防振の完成形ですが、ここから微調整が入ります。




_DSC3350.jpg
バッ直電源です。

銅音ケーブル4Gケーブルをプラスマイナス引き込んでいます。




_DSC3364.jpg
純正のディスプレーオーディオの配線です。

リレーも活用して電源を安定させます。




_DSC3369.jpg
アンプ部です。
熱対策が重要ですので、アンプをインシュレーターで浮かせて裏面に通気穴を開けています。




_DSC3374.jpg
DSPのコントラーラー部です。



_DSC4954.jpg
完成です。

中域にエネルギーが乗った魅力的な音色が聴けます。

最初にして安定感のある音色は、同軸タイプのスピーカーが効いているのかもしれませんね。

今後のエージングによる音色の安定も期待が高まりますね。









*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp












関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する