fc2ブログ

アウトランダーにフル遮音(静音)

_DSC4809-2_20220906125845915.jpg
三菱のアウトランダーPHEVです。

今回は、より静かな環境を目指して遮音(静音)&遮熱対策を施します。

前回までの作業は、こちら




_DSC4832.jpg
ジャッキアップして、フェンダーの中を作業していきます。




_DSC4837.jpg
この箇所は、通常オススメしていないのに箇所なのですが、フル遮音となると話は変わってきます。



_DSC4842.jpg
優先順位は低い箇所ですが、間違いなくロードノイズが低減します。

特に、高速走行時のタイヤ等のパターンノイズが減るためノイズレベルが下がるイメージですね。



20220831-_DSC5966.jpg
ルーフの作業です。
天井の作業は、比較的優先順位は高いです。
高速走行時のトンネル突入時の不快感が無くなり、普通に会話ができるレベルになる事が多いです。




20220831-_DSC5968.jpg
純正で最低限の制振と吸音処理がされていますので、それは残しつつ追加作業とします。
まずは、防振処理です。
制振材(FDC-25)を面積比で30%〜40%を目標に、貼っていきます。




20220831-_DSC5969.jpg
次に、遮音処理です。
吸音材(EVA吸音フォーム)15mmを敷き詰めます。




20220901-_DSC5971.jpg
そして、遮熱対策です。

遮熱材を隙間なく敷き詰めていきます。




_DSC4852.jpg
リアのトランクルームサイド、フロアーも遮音処理です。

可動部の無いフロアーに連結する部位は、貼り固めます。



_DSC4855.jpg
可能な限り、部品も外して貼り込みます。




_DSC4862.jpg
内張などは、(OBM-2)を使い質量を上げていきます。



_DSC4866.jpg
ハッチバック部です。

可動部は、ベタ貼りは避けてポイントで押さえていきます。




20220901-_DSC5977.jpg
リアドアです。

一応サイアスピーカーにも影響が出ますので、音質面も考慮しながら制振処理を行います。




20220901-_DSC5978.jpg
内張は、同様に質量を上げて面共振に近ずけていきます。




20220902-_DSC5997.jpg
フロアー部です。



20220902-_DSC5998.jpg
フロアー部は、よりシッカリと隙間無く敷き詰めるイメージです。



20220902-_DSC6000.jpg
フロアーの強度が増すことも狙いです。



20220902-_DSC6001.jpg
フロアーの強度が出ると、遮音のみならず車のねじれの解消にも繋がり走りにフィーリングも良くなる事が多いですね。




_DSC4878.jpg
トランク部のアンプラック下部も遮音を行いましたが、その先のバッテリー部は、表面のみ遮音処理となり心乗りが少しありますが。。

ほぼフル遮音の完成です。




20220903-_DSC6007.jpg
最後に、音の確認をします。
ここで音が変わらないのが理想と考えます。
走行して、外来ノイズがノイズが大幅に低減することが狙いなので、ここで音への影響が最小限であることが目標でした。

特にルーフの処理を失敗すると、ステージは落ちてどんよりしたサウンドになったり、防振により付帯音が低減する事で低音域がスカスカになったりと改悪現象が起こりますので、作業だけの静音処理は危険です。


結果的には、良好です。
低域のボトムも帯域バランスもサウンドステージも良い感じで聴く事ができます。
さらに、低域の解像度が増してスピード感と量感が共に改善さらた感じです。

このように、遮音/静音処理も少し間違えると音質にも影響が出ますので注意が必要ですが、上手くできた処理では、格段に快適なリスニング空間を得る事ができますのでオススメです。


お気軽に、ご相談くださいね。








*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する