レクサスLS460 スピーカー交換

DSC01616.jpg
レクサス LS460の純正オーディオのシステムアップです。

メリハリのきいた透き通った音にして欲しいとの要望に応えます。



DSC01630.jpg
フロントドアスピーカーの交換です。

もちろん、スピーカーをより良く鳴らすためのドアチューニングを施し、スピーカーケーブルも新たに引きなおしますよ。



DSC01645.jpg
レクサスLS460専用のバッフルボードです。
素材は、カバ桜合板で、最大サイズの質量を確保しています。



DSC01609.jpg
ツイーターは、Qrino「AAシリーズ」をAピラーに加工取り付けします。

ここでも、質量と内部損失の大きいパテを使いツイーターの土台を作ります。

このポジションは、フロントガラスの干渉を避けリアルな高音域が狙えるので推奨しています。




DSC01668.jpg
フロント3ウエーのスコーカーです。

今回は、旧MBQUARTの10cmスコーカーを使用します。




DSC01687.jpg
スコーカーの装着です。
純正のツイーターは、鳴らさないのでシュート配線としています。



DSC01706.jpg
リアドアのスピーカーも交換します。

同じくMBQURQTの10cmコアキシャルです。



DSC01702.jpg
ドアの防振完成図です。

ドアスピーカーは、Qrino「AaW-16」です。



DSC01717.jpg
これが、純正アンプです。

配線をQrinoカッパーラインに変更しています。
接続は、もちろん「銅音ジョイント」です。



DSC01734.jpg
ツイーターの装着です。

自然ととけ込むデザインで純正のイメージを崩しません。



DSC01730.jpg
完成です!

純正システムを活用したシステムですが、帯域バランスは非常に良好なものと言えそうです。

純正時と比較すると明らかに、切れのある中低域にリアルな音場が広がります。

エージングでさらに、深い音色が期待できそうなサウンドに仕上がりました。



高級車のレクサスでも、純正システムと融合したさらなる「サウンドアップ」が可能となります。







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com











関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する