fc2ブログ

50プリウスの高音質化

_DSC7944.jpg
トヨタの50プリウスです。

ヘッドがアルパインの専用ナビに交換されていますが、これ以外は純正のプリウスです。

今回、アンプ付きDSPとスピーカーを交換して高音質化を狙います。



_DSC7875.jpg
純正のドア環境です。

ウーファーは、16cmです。



_DSC7879.jpg
こちらは、ダッシュボード上部のツイーター部です。
こちらもいつものトヨタですね。




_DSC7883.jpg
ドアの脱脂作業を施し防振作業をします。

しかし、ディーラー様に嫌われないように、点で振動を制御していきます。
可能な限り、貼らない防振です。



_DSC7884.jpg
ドアバッフル板とダッシュのツイータースペーサー製作です。



_DSC7909.jpg
素材は、カバ桜合板

更に「ヒビキタ」を塗布して木密度を上げていきます。

もちろん、防水対策も兼ねています。



_DSC7948.jpg
バッ直配線を行います。



_DSC7900.jpg
今回は、フェンダー回しで室内に引き込みました。




_DSC7907.jpg
スピーカーケーブルの配線です。

トヨタのカプラーは、まだ作業性は悪くない方ですが

やはり面倒い。。(笑



_DSC7912.jpg
バッフルもツイータースペーサーも完成です。



_DSC7915.jpg
ドア環境は、バッフル以外は純正に見えますね。

見えない所で、防振を行い可能な限り純正の顔を守ります。




_DSC7924.jpg
スピーカーの装着です。

銅音接続ですね。



_DSC7929.jpg
内張は、しっかりと重くします。

ここは、貼っても良いと思います。



_DSC7936.jpg
ツイーターも銅音接続です。






_DSC7938.jpg
ツイーター部の完成です。





_DSC7955.jpg
DSPアンプも配線が完了です。

助手席の椅子の下に設置です。



_DSC7959.jpg
約2時間程度のエージングを終えて、調整に入ります。

クラッシックが聴けるようにとの要望を得ていますので、自然な音場を意識して音を盛らないように仕上げていきます。


純正位置のためか、少しガラスの反射が気にはなりますが、奥に広がる深いステージが聴けるようになりました。

弦楽器のハーモニーも気持ち良く、ティンパニーや大太鼓の音も正相面で広がります。


良い感じではないでしょうか


気のせいか、プリウスは歴代音創りが比較的簡単にまとまります。
デモカーでも使っていたかも知れませんが。。

プリウス乗りの皆さん
お気軽に問い合わせくださいね。





*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する