fc2ブログ

Nバンを高音質に

_DSC8090.jpg
ホンダのNバンです。

前回、ナビのみを取り付けた車両ですが、今回Hi-Fiサウンドを目指して作業をさせて頂きます。



_DSC8026.jpg
純正のドア環境です。

ホンダは、このビニールを取り外す作業が大変です。



_DSC8030.jpg
ブチルも撤去し脱脂処理も行い、綺麗になりました。

ここからドア防振の始まりです。



_DSC8035.jpg
ドアバッフルと平行して、ツイーターの固定用にAピラーを加工していきます。



_DSC8043.jpg
ホンダ車に16cmのウーファーを取り付ける場合は、鉄板の加工が必要です。

円の中の部分をカットします。



_DSC8047.jpg
カットした際の鉄粉がドア内に入らないように養生して、エアーソーでカットしました。



_DSC8055.jpg
バリ取りの後、さび止です。



_DSC8037.jpg
バッフルの仕上げの含浸材「ヒビキタ」塗布です。

木密度が上がり強固になるのと、水対策でカビなどの発生を抑止できます。



_DSC8063_20230125144252400.jpg
スピーカーケーブルを引き込んでバッフルをボルトナットで固定します。



_DSC8070.jpg
ドアの防振処理もたたき台が完成です。



_DSC8069_20230125144253a8d.jpg
内張も施工します。

足付けを行い、質量を上げていきます。




_DSC8082.jpg
ツイーター部のAピラー完成です。

生地は、純正色と違和感のない濃いグレーをチョイスしています。



_DSC8028.jpg
バッテリーから直接電源を引き込みます。

銅音の8ゲージです。



_DSC8076.jpg
パッシブとケーブル達です。

パッシブは、オリジナル制作で、スピーカーケーブルはアコはの「G1zs」です。
非常に貴重な資源を活用して、音色を作ります。



_DSC8101.jpg
アンプ部の設置が出来ました。

アンプは、モガミモデルのゴールドです。

2チャンネルアンプをパッシブでドライブします。



_DSC8103.jpg
助手席がフルフラットになる為、許されるスペースはここしか有りませんね。

助手席の足元に、さり気なくパッシブを配置しました。



_DSC8115.jpg
音出し後にアナログ調整に入ります。

2チャンネルアンプをパッシブで2ウエースピーカーをドライブするシステムです。
Qrino「ベリ」サウンドの音色を大切に表現します。

クラッシックが気持よく聴ける「軽くて速い音」に加えて、中音域の厚みやエネルギー感を狙います。


プロセッサー全盛の時代ですが、アナログ的な音創りはやはり楽しいですねー


時間は掛かりますが。。。(笑







*コロナ禍ではありますが、「感染対策を強化」して営業しております。

オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する