fc2ブログ

フリードにスピーカー取付

_DSC5698.jpg
ホンダのフリードです。

純正ナビを活用して、スピーカー交換で音創りをします。



_DSC5643.jpg
純正のドア内張りを外した状態です。

ホンダのドアスピーカーは、ねじ1本で固定されています。



_DSC5644.jpg
ドア鉄板部を清掃&脱脂します。

これが結構大変な作業なのです。。



_DSC5651_2023121217241975f.jpg
ドアバッフルの製作です。

素材は、カバ桜合板です。



_DSC5684.jpg
スピーカーは、キッカーのKSシリーズの13cmセパレートスピーカーです。

ここで、13cmを選択する事が肝だったりします。



_DSC5688.jpg
ドア防振の完成形です。

13cmのスピーカーの場合は、鉄板をカットしなくてもギリOKですので純正が16cmだからと言って16cmを選ぶ必要は無いのです。



20220801-_DSC5692.jpg
スピーカーを取り付けます。



_DSC5654_20231212172424025.jpg
ドア内張りの施工です。

制振材で質量を出して共振モードを調整していますが、純正のシンサレートはそのまま使ってみます。

音が詰まれば、あとで外す感じです。



_DSC5695.jpg
ツイーターの取り付けです。

ポン置き型ですが、音質面ではコスパが良い感じですね。



_DSC5693.jpg
取付の完了です。

純正のナビ側で、可能な調整を試みながら難しそうであれば、ドアをもう1度外して微調整を行います。

まず大切なのは、帯域バランスです。
ここがうまく言っていないと、大きな不満となります。

次に、ツイーター部の高音域倍音成分の抜けです。
これは、ウーファーがツイーターにシンクロしていることを意味しますので重要です。

この2つをクリアーしていると、エージングで音が悪くなることはないと考えています。




オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

「自然界の音色」をテーマに、Qrinoブランドの開発者が接客、取付、音造まで一貫して取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせ下されば幸いです。

また店舗は、西宮北インター近くの176沿いですので、三田市・神戸北・西宮北・猪名川や篠山の皆さん、近くですので遠慮なく覗きに来てくださいね。

オーディオショップ「Adagio」/アダージョ
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-903-3001
office@oscar-i.co.jp

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する