ケンウッド「MDV-701」シリーズ

DSC04146.jpg
ケンウッドより「彩速ナビゲーション」の新製品が発売になりました。

ナビゲーションのお勧めは、三菱のサウンドナビがオーディオ的に非常に力が入っていて素晴らしいのですが、今回のケンウッドの新しい彩速ナビ「MDV-701」シリーズは、わたし的に大注目です!


以前よりケンウッドは、
iPodの「WAVファイル」にいち早くデジタル対応していたり、唯一の可逆圧縮のFLACに対応しているメーカーで、非常にマニアックな切り口をさりげなく採用しているのですね。

しかも

今回の新製品はさらに、凄いんですよ。



何と!!

ハイレゾ音源が再生出来るのです!


24ビット96KHzに対応ですので期待感が膨らみますね。


そこで、早速に試聴をしていますよ!






DSC04155_20140122205915df8.jpg
確かに、24Bit96KHzを再生しています!

音質的にも非常に良い帯域バランスです。

アライメント機能は装備していますが、ノーマル状態でのサウンドが非常に良いです。


分解能の高さ、粒立ちの良さ情報量の多さに加えて、整った帯域が見事にバランスされています。
通常、高域特性が上がるとハイ上がりになったり、薄い中低域になったりしますがこの新しい彩速ナビは良くできています。

USBメモリーやSDカードで気軽に、ハイレゾ音源を持ち出せます。

凄い時代になりましたね!






DSC04173.jpg
ホームオーディオで、PCサウンドを聴いている方の多くは「foobar2000」の無料ソフトを使われている方が多いですね。

多くのPCオーディオメーカーも推奨しています。

リリック社も「foobar2000」を想定した、USBダックを発売していますね。


この「foobar2000」に使われるフォーマットでFLACと言う可逆圧縮で、量子化ビット数は24bit、サンプリング周波数は192kHzまで対応しています。
そのため多くのユーザーが、PCにFLACファイルにして音楽データーを保管しています。

なので、FLACファイルが再生出来るデッキが嬉しいのですね!


非圧縮の「WAV」聴比較すると少し変調した感じはありますが、FLACをベースに音を作れば全く問題が無いレベルだと思います。

試聴しているモデルは、「MDV-X701W」ですが、上位モデルに「MDV-Z701W」が有り、共にハイレゾ再生できます。



カーオーディオで、ハイレゾサウンドを楽しみたい皆さんにお勧めですよ!







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する