フォレスター サブウーファー作業

DSC02595.jpg
スバル フォレスターにサブウーファーとパワーアンプの追加作業です。

Qrinoエコアンプ「PA-7」にQrinoベリリュームウーファー「BeW-20」をインストールします。



DSC02746.jpg
サブウーファーBOXのコンセプトは、ストレスなく響くエンクロージャーです。

カバ桜合板を使い気持ち良く鳴るサブウーファーを製作します。



DSC02771.jpg
サブウーファーBOXを強固なものとするかそれなりに響かせる為の構造にするかですが、「ヒビキタ」を使えば、薄くても強度のある箱が可能となります。


DSC02928.jpg
スペアータイヤを外したスペースに、スペアータイヤ固定ボルトを利用して、ウーファーBOX固定ベースを作ります。

水準器を使い可能な限りトランク上部とのクリアランスを調整します。




DSC02931.jpg
サブウーファーBOXの形ができました。
美しいBOXですね。(笑)



DSC02940.jpg
この作業は、地味に大変です。

トランクルームをフラットにして荷物が積める必要がありますので、空気抜けと強度の両立が求められます。



DSC01914.jpg
フロントアンプです。
ツイーターとウーファーにそれそれ、Qrino「PA-7」を使います。
接続端子は、もちろん「アカガネ」です。



DSC01922.jpg
こちらは、運転席の下です。
サブウーファー用に、パイオニアのアンプと、キッカーのチャンネルディバイザーです。

ヘッドが、サイバーナビのためRCA出力が2系統しかないので、3チャンネルのディバイザーを活用して微調整にあたります。



DSC03081.jpg
トランクの完成図です。

ユーザーの要望に合わせ、フラットで荷物が乗るトランクである必要があります。



DSC03040.jpg
サブウーファーは、ベストなクリアランスで上部のトランクライナーから顔を出します。

Qrinoベリリューム20cmウーファーのハイレスポンスとカバ桜合板のBOXが奏でる特別な世界観が車内いっぱいに広がります。


鮮度の高い瑞々しい音色に、しばし時間を忘れてしまいそうです~ (笑)

やはり、この仕様は非常に良いですね。

Adagioの一押サブウーファープランです!





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する