ウーファーエッジ修理

_DSC4173.jpg
スピーカーのリペアー依頼です。

B&WのアルミダイキャストBOXスピーカーです。

写真からもゴムエッジに亀裂が入っている事が分かりますね。



_DSC4181.jpg
スピーカーのエッジ交換は、非常に根気のいる作業が必要なんです。

この古いエッジを綺麗に取り除くのに、片側2時間を超える清掃時間がかかる事もあります。




_DSC4187.jpg
続いて、コーン紙表面のダンプ剤も綺麗に剥がします。


_DSC4289.jpg
新品のラバーエッジを貼ります。
センター出しが重要です。

最も緊張する作業です。
内側を貼り、完全硬化後に外側の作業に入ります。



_DSC4304.jpg
コーン紙表面のダンプ剤塗布作業です。

これは、オリジナルと音色が違う可能性があるので、薄く塗布して完全硬化後に聴いて確認します。




_DSC4306.jpg
今回は、2回塗りで良い感じとなりました。


_DSC4385.jpg
完成です!

往年の名機の復活です。

今となっては、知っている方は少ないと思いますがB&W「LM-1」です。
B&W社が、本格的なカーオーディ用のBOXスピーカーを作っていたんですね。

今なおマニアの愛好家に修理しても使いたいと言わせる魅力があるようですね。


このように、エッジの修復は可能ですのでお気軽にご相談くださいね。





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@qrino.com







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する