光岡 ビュートの遮音作業

_DSC7398.jpg
光岡自動車のビュートですよ。

マーチをベースとした車両のため走行ノイズが気に鳴って仕方がないので静にしたいとのご要望です。
ノイズレスマット」「FDC」や「EVA吸音フォーム」を使った「ダイポルギー静カー」作業です。


_DSC7450.jpg
「静ー施工」で、最も優先順位が高いのは、フロント、リアのドア施工です。
ドアは、非常に多くのノイズが飛び込んできます。
走行ノイズ、タイヤのパターンノイズ、風切りノイズと多岐にわたります。


_DSC7457.jpg
アウター側の鉄板部にダイポルギー制振材「FDC」を貼ります。

FDCは、一般的なアルミとブチルからなる非拘束型の中で最も高い温度でもその効果が変化しにくい特徴が有ります。
つまり、冬場と真夏の制振変化が少なく安定した効果が期待できる訳です。


_DSC7467.jpg
ドアの遮音処理のキモとも言えるダイポルギー遮音マット「ノイズレスマット」を貼ります。

純正のビニールシートの上から貼り、ネジや爪の入る場所は穴をあけます。


_DSC7471.jpg
内張りも施工が必要です。

内張りはプラステック素材のため、非拘束型のような素材はあまり効果が期待できません。
ここでは、質量で共振点をずらす作業が有効ですので、「OBM2」を使います。

空間が多く吸音が必要な場所は、ダイポルギーの「EVA吸音フォーム」を使います。


_DSC7491.jpg
トランク部分です。
FRPで作られた独特なトランクです。
ここでも使うのは、「OBM2」を使います。


_DSC7691.jpg
天井(ルーフ)部です。

この部分は、雨が降るとトタンの音がする高級車も少なくありませんね。(笑)
天井の遮音をすると走行時の疲れが低減する事が有ります。
これは、天井部の内張りが嫌な音を伝えないためだと考えています。
写真を見ても判るように、非常に平らな鉄板が大きな面であるので効果てき面で高速のトンネルのうるささも劇的に和らぎます。


_DSC7701.jpg
ここでも鉄板部にダイポルギー制振材「FDC」を貼ります。


_DSC7716.jpg
ここで、ノイズレスマットを貼っても良いのですが、質量があるため脱落の心配が有る場合は使いません。

今回は、ダイポルギーのEVA吸音フォームの原反20mm圧を使います。
(この製品は、発売前のテスト品です。)

_DSC7727.jpg
ばらしたパーツには、可能な限り吸音材を貼ります。


_DSC7485.jpg
次なる優先順位は、フロアー遮音です。
座席やコンソールを全て取り外して作業をします。


_DSC7524.jpg
要領は、今までと同じです。

鉄板部にダイポルギー制振材「FDC」を貼ります。


_DSC7537.jpg
ダイポルギー遮音マット「ノイズレスマット」を貼ります。

この時、可能な限り隙間を開けないように丁寧に「アルミガラスクロステープ」で固定していきます。


_DSC7731.jpg
基本作業は、以上となります。

見た感じは、全く変わらない作業なので満足感は少し少ない気もしますが。。。(笑)
走行時のノイズは、非常に気にならなくなります。

ドライブ中の会話やオーディオの音色が驚くほど快適な空間となります!

この「静カー」作業は、快適なリスニング空間を作る上で非常に重要な作業ですのでお勧めですよ!





オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@oscar-i.co.jp






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する