レガシー フロントスピーカー交換

_DSC6932.jpg
スバルレガシーです。

純正のマッキントッシュシステムに、フロントスピーカーを交換して高音質化を狙います。

スピーカーは、Qrino「AA-13NN」ですよ。
このスピーカーは、振動板に特殊アルミ素材を使いますが、ツイーターもウーファーも同じ素材で統一されているところが音作りで非常に有効なんですね。

今回もオリジナルパッシブですが非常にまとめやすいスピーカーです。


_DSC7064.jpg
ツイーターの取付い位置は、Aピラーです。

この場所が、フロントガラスやサイドガラスまた、ダッシュボード等の反射から来る干渉を受けにくいので良いと考えます。


_DSC7071.jpg
インナーバッフルです。

カバ桜合板でヒビキタ仕様です。

湿度にも水にも強く響きが良い!
最近では、この仕様でないと不安です。(笑)


_DSC7141.jpg
装着です。

スピーカーの固定は、「鬼目&真鍮ボルト」です。

これも、定番アイテムですね~


ドア防振ももちろん行なっていますよ。
写真を撮り忘れたようですが。。。(笑)


_DSC7181.jpg
Aピラーの完成です。

今回の生地は、エクセーヌで仕上げています。


_DSC7136.jpg
ドア内張りは、アウターカバー方式です。

純正のグリルよりも格段に音抜けが向上しますね。


_DSC7185.jpg
Aピラーの取付です。

この時、ケーブルは銅音(アカガネ)で接続するのが望ましいと考えています。

純正のファストン端子やギボシ端子は、音響用では無いため真鍮素材にスズメッキのようなものが大半で電気抵抗が大きいのですね。

銅音(アカガネ)ですと、無酸素銅の素材に特殊な金めっきですので、非常にクオリティーが高いと言えます。


_DSC7226.jpg
パッシブの調整です。

意外と時間のかかる作業なんですよ。

コイルをほどきながら、LCEテスターで測定して左右を合わせていきます。


_DSC7289.jpg
完成です!

音色は、非常に良いです。
しかし少し課題も残りました。。。

マッキンシステムから繰り出される帯域バランスが少し個性的なんですね。
最終的には、気持ち良く聴けれる状態なのですが少しキャラが付いた感じです。

しかし、これもマッキントーンと考えると個性を活かせた仕上だと思います(笑)






オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@oscar-i.co.jp





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する