キャラバンの静音作業

_DSC0525.jpg
日産キャラバン「NV350」を静カーにする遮音作業ですよ。



_DSC0489.jpg
天井(ルーフ)の作業です。
ダイポルギー「FDC-25」を使い防振処理です。
この作業で、鉄板部の補強と振動の共振点がずれるため、この作業だけでも非常に静になります。



_DSC0491.jpg
今回の作業では、ダイポルギーのEVA吸音フォームの業務用を使います。
なんと!厚み20mmの難燃タイプですよ。(笑)

素材としては、最高級グレードの吸音材です。


_DSC0518.jpg
キャラバンのルーフには、このサイズが非常に有効です。
シッカリと隙間が無いように敷きつめるのがポイントです。


_DSC0468.jpg
リアのサイドです。

どの部位も基本は同じです。
鉄板部には、FDC-25を均等感覚で貼ります。



_DSC0547.jpg
サービスホールは、基本的に「ノイズレスマット」を使って、「アルミガラスクロステープ」でシッカリと固定します。
最近良く、アルミガラスクロスの粘着が弱いものがあると問い合わせが来ますが、オスカーのアルミガラスクロステープをお使いくださいね。

セロテープと同じで、商品名がカテゴリー名となっているので、多くのメーカーが「アルミガラスクロステープ」として販売しています。



_DSC0540.jpg
内張りには、EVA吸音フォームの5mmを貼ります。

EVAは、発泡素材の中で非常に信頼性の高い高機能吸音材ですので、薄くても有効な吸音が期待できますよ。



_DSC0562.jpg
スライドドアです。

この部分も走行ノイズの低減と言う意味では重要な場所です。


_DSC0577.jpg
エンジン回りです。

最も重要な個所ですね。

難燃タイプのEVA吸音フォームを貼り、エンジン上の騒音をシールドします。



_DSC0559.jpg
フロアー部です。

ここも同じ要領です。
シッカリ「ノイズレスマット」を貼り詰めます。


_DSC0583.jpg
完成です!

オーディオ作業と違い確認後の微調整作業はできませんが、毎回ユーザーの確認作業を繰り返し確実な「静カー」に近づいていると確信しています。

よりよいオーディオ環境のためにも重要な作業かと思いますよ。







オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町下山口1丁目9-24
代表:078-904-3533
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する