MDV-Z702W 彩速ナビでハイレゾ再生!

_DSC1035.jpg
Adagioに、待望のケンウッド彩速ナビ「MDV-Z702W」が入荷しました!

現在は、店内ディスプレーで音出しをしています。

この彩速ナビ Z702は、ついにカーオーディオにおける「ハイレゾ元年」を刻むメモリアルモデルと言えると思います。

ホームオーディオやPCオーディオでは、すでにお馴染みのハイレゾ音源ですが、カーオーディオはその特殊性からなかなか対応モデルが無かったんですね。

 特殊性とは、車の中では「タイムアライメント」を使って音場やステージングをコントロールするモデルが多くあるため、アライメントをかけて音色や音質を守るためには、アライメントのプロセッサーやCPUなどのハイスペック化が必須のためなかなかハイファイモデルはもとより、新製品が毎年出るナビヘッドにも導入されなかったのです。




_DSC1018.jpg
Z702は、待望のナビと言えると思います。

私のように待ちきれないオーディオフリークは、SONYのヘッドフォンアンプ「PHA-2」などを使いQrino真空管プリの「CA-7」に入れてボリュームコントロールしていました。
これはこれで、DSDも再生できるし真空管増幅なので、最強のハイレゾ仕様と言えるかもしれませんが。。。(笑)

Z702は、実勢価格¥12万円~13万円程度ですが、24Bit 「96KHz」 「192KHz」をダイレクトに再生します。
残念ながら「DSD」には対応していませんが、ファイル形式は「Flac」に対応しているので、PCオーディオと同じファイルで管理ができます。

これは、大きいですね!
iphoneやi-padの場合は、WAVファイルで多くの方が管理していましたので、タグが付いてもなかなか全てのフォルダーにアートワークが付く訳では無かったので、ジャケット画像が歯抜けになり悔しい思いをしていました。

今後は、大丈夫ですね!
全ての音楽に、ジャケット写真が表示される事も可能です。
Flac形式で、アルバムから1曲づつ抜いてベスト盤フォルダーを作ってもアルバム画像がキチンと表示されると気持ちが良いですね。

そして、音質はもちろん高音質で非常に魅力的です!
DAC部に、旭化成の最高級グレードの32bitDACを積んでいるので、非常に高級感のある音色が聴けます。
QrinoのエコアンプとAAスピーカの組み合わせの妙もあり
中音域のエネルギーは力強く、美しく広がる音場はまさにハイエンドの音色です。

さらにハイレゾ再生時は、画面にゴールドのアイコンで表示され瞬時に確認ができます。
これも、プレミアム感があり良いですね。


興味のある皆さん~

論より証拠。。。



是非、この音を聴きに来てくださいね。









オーディオショップ「Adagio」では、カーオーディオからホームオーディオまで、小さな小物から大きな製作物までお客様のご要望を実現するためのお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さいね。


オーディオショップ「Adagio」
兵庫県西宮市山口町1丁目9-24
078-903-3001
office@oscar-i.co.jp







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する